So-net無料ブログ作成

【バストアップ】プエラリアの年向き不向きについて [バストアップサプリ]

プエラリアは女性ホルモンのエストロゲンに構造式が似ている

イソフラボンを高濃度に含むものですが、

バストアップを希望している方にはお馴染みでしょう。


女性にとってバストが小さくなったり

形が悪くなるのはできるだけ防ぎたいものです。


バストアップのためにはマッサージなどのケアも大切ですが、

体の内側からのアプローチも大切です。


そのためにプエラリアを含む

サプリメントを利用するのも1つの方法です。


ただプエラリアには副

作用というありがたくない作用があります。


女性の中でどんな方がプエラリアが向いていないのか

お伝えしたいと思います。


年齢によるプエラリアの向き不向き

10代の場合には女性ホルモンの分泌が盛んなので

特に取り入れていく必要はありません。

むしろイソフラボンを過剰に摂取することで

ホルモンバランスを崩してしまうことにもなりかねません。


そのため大豆製品を摂るといったことはいいのですが、

無理にプエラリアを多く摂るといったことは避けた方がいいでしょう。


10代ではむしろ

適度なストレッチや保湿を中心としたケアをしていくことが大切です。


20代になると人によっては

女性ホルモンの分泌が減っていく場合があります。


こんなケースではプエラリアを試してみるのもいいでしょう。


その時には大豆製品を食べていきながら

イソフラボンを摂っていき、

併せて少量のプエラリアを取り入れていく方法から始めていくのが

無理がなくてお勧めです。


また女性ホルモンの分泌がまだ減少していっていない方は

大豆製品を食べる程度で十分です。


30代を超えてくると女性ホルモンの分泌が減っていきます。


本格的にプエラリアが必要になるのは

この年代になってからです。


プエラリアを含むサプリメントを始める時には

少量からスタートしてみましょう。


そして少ないなと感じた時には少し増やしていき、

様子を見るようにしてください。


スタート時には少量から始めてバストアップ

どんな場合にもサプリメントを多く飲むことは避けてください。


スタート時には自分に合った量がわかりませんから、

徐々に増やしていくことが大切です。


いきなり多くの量を摂取していくと

ホルモンバランスを大きく崩してしまう恐れがあります。


また内側からのアプローチだけではなく、

バストアップマッサージやクリームなどを使用した

保湿対策も忘れないようにしてください。


外側からのアプローチも併用していくことによって

バストアップはしっかりと行われるものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。