So-net無料ブログ作成

20代のイソフラボン摂取とバストアップ [バストアップサプリ]

20代になると

徐々に女性ホルモンが減少をしていくことがあります。


30代になってからという方もいます。


ただ女性ホルモンが減少していく状態は

あまり自分自身でも把握できていないものかもしれません。


ですから20代の段階でも

きちんとホルモンに関して意識していかなければなりません。


女性のバストも

女性ホルモンによって影響を受けています。


ホルモンの減少によって

バストが小さくなってきたり

形が悪くなることがあります。


これを防止していき、

バストアップを行うためには

イソフラボンをしっかりと摂っていかなければなりません。


20代のイソフラボンの摂り方と

バストアップについてお伝えしたいと思います。


バストアップに有効なイソフラボンは大豆製品で摂取!

20代の段階では

女性ホルモンが減少を始める場合もありますし、

30代になってから本格化していくこともあります。


そのためこの段階ではまず

大豆製品を毎日食べることによって

徐々に女性ホルモンを取り入れていくことをお勧めします。


大豆製品に含まれているイソフラボンは

女性ホルモンのエストロゲンに構造式が似ており、

体内でエストロゲンのような働きをしてくれます。


言い換えれば天然の女性ホルモンを

安全に摂取することができるということです。


女性ホルモンが減少をしていったら

女性ホルモンを投与すればいいと考えている方もいますが、

ホルモン投与によって副作用が出ることがあります。


それだけホルモンは

人体への影響が大きいものなのです。


ですが安心して摂取できるイソフラボンは

大豆製品によって多く摂っても問題がないのです。


イソフラボンを摂るためには

豆乳や豆腐などを毎日取り入れていくことによって可能です。


よくイソフラボンンの過剰摂取は

副作用を引き起こすので良くないと言われることがあります。


これはサプリメントからイソフラボンを摂った場合のことで、

大豆製品を多く食べること自体は何ら問題はないのです。


ですから安心して

大豆製品を多く食べるようにしてほしいと思います。


20代後半になったらプエラリアを検討する

30代に近づいていったら

一層女性ホルモンが減少し、

更年期症状を感じる方も中にはいます。


こうなってくると

大豆製品だけでは不十分になるかもしれません。


そういった方は

少量のプエラリアを始めていくのもいいでしょう。


プエラリアには

イソフラボンが高濃度で含まれています。


大豆製品の摂取よりも

一層強い効果を感じることができるものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。